カードローンの審査ナビ※即日融資対応はココ
住宅ローンの金利タイプとその選び方を紹介しています。


ホーム 証券会社 住宅ローンについて 造幣局のお話


住宅ローンの金利タイプとその選び方

住宅ローンを組む時に気になるのは金利ですが、この金利にも固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型というタイプがあります。金利タイプを決める前に、まずはそれぞれの金利のメリットやデメリットを把握しておく必要がありますね。

固定金利型は、契約時に全返済期間の適用金利が決まるものです。メリットは全期間の返済額を確定できるので、返済プランを立てやすいという点です。また、低金利の時に借りれば大変お得です。逆に高金利時に借りると、全期間、高金利の返済額が確定してしまいます。

住宅ローン変動金利型は、市場金利の変動に伴い、定期的に金利が変動するもので、原則として半年に1度、適用金利が見直されます。返済額が見直されるのは5年毎です。変動金利型のメリットは、借入時の金利は固定金利型より低いという点です。デメリットは借入れ時に将来の返済額が確定できないので返済計画が立てにくいし不安が残る、また金利上昇した場合、返済額が増加するというものがあります。また、金利が一定以上に上昇した場合、「未払利息」が発生するというリスクもあります。

固定金利期間選択型は、当初5年間など返済期間中の一定期間のみ金利が固定されるものです。固定金利期間終了後は、終了時点の変動金利型又は、再選択した固定金利型になります。もし固定金利期間終了後金利が上昇したら返済額が増加します。

メリットやデメリットを検討したうえで、金利のタイプを決めることになりますが、変動金利型は、金利変動リスクに対して十分に対応できるだけの経済力がある方なら選択できると思います。固定金利は、収入が安定している方、固定金利期間選択型は、当面は他の出費が多いのでとりあえず、住宅ローンの返済負担を減らしておきたいという方に向いています。


Copyrigh©=カードローンの審査ナビ※即日融資対応はココ=All Rights Reserved.